FC2ブログ
    ▼Perfil

    R4:20

    Author:R4:20
    Disfrute una vida...
    QUÉDESE POSITIVO

    1年=12ヶ月は短すぎる‥

    <
    >
    - - - - - - -
    1 2 3 4 5 67
    8 9 10 11 12 1314
    15 16 17 18 19 2021
    22 23 24 25 26 2728
    - - - - - - -

    「ファッション」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする20世紀的インチキブログ『マイナス2ちゃんねる』へようこそ!
    -2ちゃんねる
    [20110716]


    使命感か、お金か、経済か、それは不明だけれど、どうしても原発を動かしたい人がいる。
    立派な人でも原発再開に賛成している人がいる。だからあながち間違っているとは言えないかも知れない。


    ・・・・・・・・・


    でも事実はこうだ。


    2007年に震度6の地震が2つ起こり、石川県の志賀(しか)原発と、新潟県の柏崎刈羽原発が破壊した。


    震度6以上で設計していたら、破壊してはいけない。


    2011年に震度6の地震が起こり、青森県の東通、宮城県の女川、福島県の福島第一、第二、そして茨城県の東海原発が壊れた。


    さらに静岡県の浜岡原発が運転を休止した。


    つまり、震度6で、東日本の青森から石川までの原発はすべて壊れたのだ。


    東日本は全滅した。


    この事実をみて、「原発は安全だ」という技術者はいない。日本の技術者は全員、おそらく「原発を止めて欲しい。私たちが誤った。このままでは危ない」と思っているだろう。


    技術とはそういうものだし、私もそういう人生を送ってきた。原発がもろかったことに強く反省しているが事実は事実である。


    ・・・・・・・・・


    福島の子供たちは苦しむだろう。


    福島の農家の方は苦しんでいる。


    なんの咎もないのに、苦しんでいる。


    それは、私たちが電気を使いたいからというだけだ。


    ・・・・・・・・・


    それでもどうしても原発を動かしたい人たちがいる。


    彼らにも彼らの正義がある。だから、残念だが、それを認めなければならないだろう。自分は神様ではないから、自分が間違っているかもしれないからだ。
    でも、2度と再び、福島の子供、福島の農家の苦痛を拡げたくない。


    ・・・・・・・・・


    どうしても原発を動かしたいなら、救命ボートを用意してください!


    原発の救命ボートは簡単です。


    1) インフルエンザ用のマスク、


    2) 当面の水、


    3) 気象庁が風向きをテレビで連続的に示す、


    4) 市役所が放射線をはかって高いところを示す、


    5) 県は女と子供を避難させるバスを用意する。


    これだけやってくれれば、原発の近くの人も被爆しない。


    そしてさらに国家は


    6) すぐ除染を始められる体制をとる、


    7) 農家などの1年分の生活費を用意する(1年で除染する)。


    この7つができたところから原発の再開をしたければ仕方がない。


    私は技術者として再開して欲しくないが、どうしても電気が欲しい人がいれば仕方がない。


    でも、救命ボートだけは用意して欲しい。なにもしないで再開したら、また福島の農家の人の苦しみを繰り返す。そんなことはどうしても我慢できない。


    (平成23年7月14日 午後11時 執筆)



    武田邦彦
    スポンサーサイト




    2011-07-16(Sat) 00:00 ニュース | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 R4:20 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ▼LINK!LINK!!LINK~!!!

    kicon.jpg
    232
    01
    02
    3214
    10031302.jpg
    t02200331_0590088910778418785.jpg
    150