FC2ブログ
    ▼Perfil

    R4:20

    Author:R4:20
    Disfrute una vida...
    QUÉDESE POSITIVO

    1年=12ヶ月は短すぎる‥

    <
    >
    - - - - - - -
    1 2 3 4 5 67
    8 9 10 11 12 1314
    15 16 17 18 19 2021
    22 23 24 25 26 2728
    - - - - - - -

    「ファッション」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする20世紀的インチキブログ『マイナス2ちゃんねる』へようこそ!
    -2ちゃんねる
    [20120109]
    01
    (ソース画像より)
    ・社員専用の飲食施設「東友クラブ」、接待用飲食施設「明石倶楽部」の維持管理費
    ・熱海などに所在する保養所の維持管理費
    ・女子サッカーチーム「マリーゼ」、東京電力管弦楽団の運営費
    ・総合グラウンドの維持管理費と減価償却費
    ・野球やバレーボールなど社内のサークル活動費
    ・PR施設(渋谷電力館とテプコ浅草館)
    ・一人当たり年間8万5千円の福利厚生の補助(他産業平均では6万6千円)
    ・健康保険料の70%負担(他企業の会社負担は50~60%)
    ・社員の自社株式の購入奨励金(代金の10%)
    ・年3.5%の財形貯蓄の利子(利子補てんがない企業がほとんど)
    ・年8.5%のリフレッシュ財形貯蓄の利子(制度自体がない企業がほとんど)

    ・電力と関係のない書籍の購入代金
    ・業界団体、財団法人への拠出金と出向者の人件費
    ・原発立地自治体への寄付金
    ・オール電化PRの広告宣伝費




     東京電力が、保養所や接待施設の維持管理費、年8・5%もの利子が付く財形貯蓄などさまざまな社員優遇に必要な費用を、電気料金を決める際の原価に算入し、電気料金で回収していたことが本紙の調査で分かった。こうした事実を東電も認めている。東電の手厚い福利厚生は、電力会社を選ぶことができない消費者の負担によって維持されてきたことになる。
     電力料金は「総括原価方式」と呼ばれる方法で算出される。施設の修繕費や燃料費など発電に必要な費用を積み上げ、電力会社の利益を上乗せし、その総額を電力料金で回収する仕組み。
     ただ、費用に何を計上するかは電力会社の判断に任されている面が強い。既に、官庁OBを受け入れている財団法人への拠出金や広告宣伝費など発電とは関係のない費用に入れられていたことが判明している。経済産業省の有識者会議(座長・安念潤司中央大教授)は今後、これらの費用は計上を認めない考えを示し、同省もその考えに従う方針だ。
     発電とは無関係のものが費用計上されていると新たに判明したのは、ハード面では静岡県熱海市など各地にある保養所や社員専用の飲食施設、PR施設などの維持管理費。
     ソフト面では、財形貯蓄の高金利、社内のサークル活動費、一般企業より大幅に高い自社株を買う社員への補助、健康保険料の会社負担など。
     福島第一原発事故を受け、東電の電力料金引き上げが検討される中、経産省の有識者会議は、手厚い福利厚生費用を電力料金に転嫁することを問題視している。燃料費などに比べれば金額は小さいが、不透明な部分はなくすため、原価から除外させる方向で議論を進める見通しだ。東電自身も保養所の廃止や福利厚生の縮小などを決めている。
     東電は原価に計上してきた事実を認めた上で、「(電気料金を決める)経産省の省令に基づいて、福利厚生の費用は過去の実績や社内計画に基づき適切に原価に算入してきた」とコメントしている。

    (東京新聞)













    ‥返金してもらえるかな?

    スポンサーサイト




    2012-01-09(Mon) 00:00 ニュース | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 R4:20 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ▼LINK!LINK!!LINK~!!!

    kicon.jpg
    232
    01
    02
    3214
    10031302.jpg
    t02200331_0590088910778418785.jpg
    150