FC2ブログ
    ▼Perfil

    R4:20

    Author:R4:20
    Disfrute una vida...
    QUÉDESE POSITIVO

    1年=12ヶ月は短すぎる‥

    <
    >
    - - - - - - -
    - 1 2 3 4 56
    7 8 9 10 11 1213
    14 15 16 17 18 1920
    21 22 23 24 25 2627
    28 29 30 - - - -

    「ファッション」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする20世紀的インチキブログ『マイナス2ちゃんねる』へようこそ!
    -2ちゃんねる
    [20120426]
    01

     経済産業相の諮問機関である総合資源エネルギー調査会は27日、基本問題委員会を開き、2030年における原子力発電など電源構成の比率に関する選択肢の整理案を示した。原発の比率の最大値は35%に設定された。同委員会は今後、経済活動への影響などを試算したうえで、5月半ばにも最終的な選択肢を政府のエネルギー・環境会議に提出し、政府の最終方針につなげる。

    [写真]孫社長「たいがいにせい!」 “政商”批判に激高「利益1円もいらない」宣言

     提示された選択肢は6つで、原発の比率が20%と25%のケースには、それぞれ再生可能エネルギーと火力発電の組み合わせを2パターン示した。原発がゼロの選択肢では再生可能エネルギーの比率が最大の35%になる。また19日に示された選択肢の大枠では原発の比率は最大30%だったが、整理案では35%に引き上げられた。

     年間総発電量は10年度比10%減を想定。現行のエネルギー基本計画の想定からは20%減という「高い比率」(資源エネルギー庁)だ。

     整理案では原発の比率が最大になれば、地球温暖化の原因である二酸化炭素を排出する火力発電の比率を現状の半分程度に減らせる。一方、原発比率を減らせば火力発電の減少幅も小さくなる傾向だ。また、再生可能エネルギーの普及も火力発電の減少を後押しする。

     さらに整理案には、数値を設定せず、市場の選択にまかせる選択肢も盛り込まれた。石油などの化石燃料への課税で火力発電を抑制したり、利用者が自由に電力会社を選べる市場を整備して高コストでも環境問題が少ない再生可能エネルギーの普及を促すことで、「最終消費者が社会的にみて望ましいと考える電源構成になる」(八田達夫・大阪大招聘教授)との主張が反映された。

     ただし委員の間には、再生可能エネルギーの比率を70%以上に定めるべきだとする指摘もあり、上限を35%に設定したことに批判が集まりそうだ。また、原発比率35%の選択肢には、「事実上、原発を増設して比率を増やすことになり、非現実的だ」との批判が出ている。



    新たに「原発35%」 電源構成6案提示 総合エネ調、5月半ばにも最終方針






    みんな原発嫌がってるよ。
    スポンサーサイト




    2012-04-26(Thu) 12:00 ニュース | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 R4:20 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ▼LINK!LINK!!LINK~!!!

    kicon.jpg
    232
    01
    02
    3214
    10031302.jpg
    t02200331_0590088910778418785.jpg
    150