FC2ブログ
    ▼Perfil

    R4:20

    Author:R4:20
    Disfrute una vida...
    QUÉDESE POSITIVO

    1年=12ヶ月は短すぎる‥

    <
    >
    - - - - - - -
    - 1 2 3 4 56
    7 8 9 10 11 1213
    14 15 16 17 18 1920
    21 22 23 24 25 2627
    28 29 30 - - - -

    「ファッション」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする20世紀的インチキブログ『マイナス2ちゃんねる』へようこそ!
    -2ちゃんねる
    [20120406]
    岐阜県北方町長 室戸英夫様より、早々と「公開質問状」の返答をいただきました。
    室戸町長の国家と国民を思う深い政治信念と見識を伺う事ができる、素晴らしくありがたい返答を頂きました。
    年度始めのお忙しい中、いち早く御返答頂きまして、心より感謝申し上げます。

    放射能防御プロジェクト中部
    代表責任者  林 久義 様

    連日のご健闘に敬意を表します。
    災害廃棄物の広域処理に関する公開質問状をいただきました。
    誠に勝手ながら、(1)から(12)項目のご質問に対する貴団体のご見解に対する専門的知識を有しておりませんので、設問ごとの回答は致しかねます。ご了承ください。

     今回の原発爆発事故については、私の見解と立場は次の通りでありますのでご報告し、ご回答にかえさせていただきます。よろしくお願い致します。

    (1)災害廃棄物の処理については、復興に向けて協力し、助け合いたいと思っています。
       当町として、義援金募金や職員派遣を致して参りましたが、災害廃棄物については「絶対安全」でなければなりません。
    (2)政府は、原発の再開のため、ストレステスト後に「政治判断」をするとしています。
      「政治判断」すること自体が、「安全」でないことの証明です。
    (3)一連の原発事故での国や東電の対応(情報公開など)や原発の「安全神話」に強い不信感がありますので災害廃棄物が「安全」と言われても俄かに信じがたい。
    (4)物事には、「原因」があって、「結果」がある。
      各自治体が、災害廃棄物の受け入れに躊躇する理由は、原発爆発による放射能汚染を心配するからです(結果)。原発は、その原因ですから、原因を取り除くことが事故の再発を防ぐことになります。
     政府は、問題の本質を隠ぺいし、災害廃棄物の処理とその安全問題にすり替えています。
    (5)従って、本当の「安全保障」は、政府が「脱原発」を世界に向かって宣言することです。

    以上

    岐阜県北方町長  室 戸  英 夫




    岐阜県北方町長 室戸英夫様より「公開質問状」の返答をいただきました










    なんだか胸がスカッとした!
    スポンサーサイト




    2012-04-06(Fri) 15:00 ニュース | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 R4:20 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ▼LINK!LINK!!LINK~!!!

    kicon.jpg
    232
    01
    02
    3214
    10031302.jpg
    t02200331_0590088910778418785.jpg
    150