FC2ブログ
    ▼Perfil

    R4:20

    Author:R4:20
    Disfrute una vida...
    QUÉDESE POSITIVO

    1年=12ヶ月は短すぎる‥

    <
    >
    - - - - - - -
    - 1 2 3 4 56
    7 8 9 10 11 1213
    14 15 16 17 18 1920
    21 22 23 24 25 2627
    28 29 30 - - - -

    「ファッション」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする20世紀的インチキブログ『マイナス2ちゃんねる』へようこそ!
    -2ちゃんねる
    [20120505]
     東日本大震災のがれきの広域処理を巡り、宮城県石巻市と多賀城市へがれき処理の現状を視察した際、県が持ち帰った木くずや土砂などが混じった「可燃性混合廃棄物」から、国が災害廃棄物の焼却などを行う場合の基準上限と同じ値の放射性セシウムが検出されたと、県は25日、発表した。今回の結果に視察に行った自治体からは「高い数値」との驚きの声が上がっており、最終処分場の確保に加え、放射線量への懸念からがれき受け入れはさらに難航が予想される。

     県や受け入れを検討している14市町の担当者らは今月19日、両市を視察。仙台市にある多賀城市の中間処理場と石巻市の仮置き場から採取した、木くずと可燃性混合廃棄物計6検体の放射線量を県保健環境研究所(各務原市)で測定した。

     その結果、多賀城市からの可燃性混合廃棄物1検体から国の基準上限と同じ値の1キロ・グラムあたり240ベクレルの放射性セシウムを検出。同市の残りの可燃性混合廃棄物2検体からも200ベクレル以上が検出され、3検体の平均は221ベクレルだった。

     一方、同市の木くず2検体と石巻市の木くず1検体からは検出されなかった。

     広域処理を巡っては、国は各自治体に木くずの受け入れを要請しているが、実際には被災地の自治体は可燃性混合廃棄物の受け入れを求めている。放射性セシウムは土壌に吸着しやすい特徴があるため、土砂にまみれた可燃性混合廃棄物は、高い値が検出されやすい。県環境生活部の秦康之部長は「県としても驚いている。がれきによっては基準値を超えるものも予想され、市町村と情報共有をする必要がある」と話した。

     検査結果について、視察に参加した大垣市の小川敏市長は「思ったより高い」とコメント。関市生活環境課の大桑哲生課長は「がれきを受け入れる場合には木くずのみで、選別が必要な可燃性混合廃棄物は受け入れない方針だ」と強調した。現地を視察した大野町の渡辺幸司副町長は「かなり高い数字というのが正直な感想」と述べた。

    (2012年4月26日 読売新聞)





    岐阜:宮城のがれき放射性物質調査 基準の上限値検出(放射性物質はセシウムだけでなく、現在分かっているだけで、30数種あります。セシウム以外の物質は検知されていません。そんなものをバラまくのですか)
    スポンサーサイト




    2012-05-05(Sat) 18:00 ニュース | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 R4:20 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ▼LINK!LINK!!LINK~!!!

    kicon.jpg
    232
    01
    02
    3214
    10031302.jpg
    t02200331_0590088910778418785.jpg
    150