▼Perfil

    R4:20

    Author:R4:20
    Disfrute una vida...
    QUÉDESE POSITIVO

    1年=12ヶ月は短すぎる‥

    <
    >
    - - - - - - -
    - - - 1 2 34
    5 6 7 8 9 1011
    12 13 14 15 16 1718
    19 20 21 22 23 2425
    26 27 28 29 30 - -

    「ファッション」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする20世紀的インチキブログ『マイナス2ちゃんねる』へようこそ!
    -2ちゃんねる
    [20120623]
    「どんな馬鹿でも真実を語ることはできる。だが、うまく嘘をつくことは、かなりの頭の働く人間でなければできない」★サミュエル・バトラー


    先日、東電が漏洩量を90万テラベクレルと先日発表しました。

    01


    そして、東電の発表

    02

     ざっと資料を読む限り、まじめに算定しているように思えますが、この評価はまったくナンセンスです。

     2つの日に着目します。3号機が核爆発を起こした日(3月14日午前11時)と3号機建屋から黒煙が上がった日(3月21日)です。


    まず、3月14日・・何度も分析していますが、動画と証言からまとめます。



    得体の知れない黒煙が上がっていることがわかります。

    しかし、東電のプレス発表は、
    (参考)モニタリングポスト(MP6)付近の測定値
    午前11時44分:20μSv/h(マイクロシーベルトパーアワー)
    午後0時30分 :4μSv/h
    午後1時55分 :15μSv/h


    とほとんど上昇していないことになっています。しかし、3.14フクシマに原爆が落ちた日-キノコ雲を見た消防士から
     「キノコ雲が出てきて、『パン』という甲高い爆発音。『ゴー』という地鳴り」(双葉消防本部・志賀隆充指令補)
     爆発後、現場の放射線量が急激に上がり、慌てて避難したといいます。
     「現場の線量も急激に上がったので、緊急的に撤収作業をして引きあげました」


    そして、中日新聞の記事

    03

    隊員は3号機の爆発に巻き込まれていた。線量計を近づけると毎時1ミリシーベルトもあった。明細服を切り裂いて裸にしてシャワーを浴びてもらいました。切り捨てた服の線量計が次々になりました。警報の設定値は20ミリシーベルト医療施設の復旧が間に合ってよかったとホッとしました


    そしてサーベイマップ

    04

    事故当初なので不十分とはいえ、3号機まわりがかなり汚染されており、この近くで1Sv/hrの高線量ガレキも見つかっています。

     そして、まさにこの爆発後、米軍のなぞの行動
    米第7艦隊、原発風下から離脱 放射線検出受け2011年03月14日 20:01 発信地:東京
     米海軍第7艦隊は14日、東京電力福島第1原発からの低レベル放射性物質を検出したため、東北地方太平洋沖地震の救援活動を行っていた空母ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan)などの艦艇を福島原発の風下から移動させたと発表した。
     米第7艦隊は声明で「米第7艦隊は、一帯の大気と、付近を飛行した航空機の両方から低レベルの放射能汚染を検出したため、状況を評価して放射能の影響に対するどのような緩和措置が必要か決定するため、艦艇と航空機を福島第1原発から離れるよう一時的に再配置した」と発表するとともに「この気中放射能の発生源は、福島第1原発から放出された放射性プルームだ」と述べた。


    さらにCTBTの観測結果

    05

     今始めて気がつきましたが、最も多かったと思われる 3/14 15:55~ 3/15 15:55 のデータが欠落しています。しかし、その後の1日にも大量に放射性物質が飛散しており、東電の推定放出量とまったくあいません。

     私は、この3号機の爆発が今回のフクシマで環境に放出された放射能の大半を占めると考えています。状況証拠はすべて揃っていますが、未だに政府、東電は認めておりません。

     あと21日の下記写真

    06

    3月21日15:55 3号機に関し、灰色の煙が噴出(調査中) 16:49 3号機の煙に関し、煙量に変更はないが、灰色から白色に変化 18:02 3号機に煙に関し、沈静化を確認

     そしてまた米軍
    米原子力空母ジョージ・ワシントン、横須賀基地を出港…原発事故を受けての退避措置か
    米原子力空母ジョージ・ワシントンが21日午後1時10分ごろ、配備されている 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を出港した。基地関係者によると、 福島第1原発事故を受けての退避措置とみられる。在日米海軍司令部は「あらゆる任務に 対応する準備はできているが、航路は未定」としている。
    空母は4月上旬ごろまで横須賀基地内で定期メンテナンスを続ける予定になっており、途中で切り上げての出港となった。今後、米国でメンテナンスする可能性もある。


     なぜ、2回も米軍が逃げ出したのか、そして、その時の放出量を一切公表していない東電公式発表。一番最初にかいた諺がぴったりではありませんか。

     改めてみると、この評価は燃料プールを無視しているんですね。だからこの評価。いつになったら、政府、東電は本当のことを話すのでしょうか。





    90万テラベクレルのウソ

    スポンサーサイト

    2012-06-23(Sat) 00:00 ニュース | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 R4:20 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,まとめ
    ▼LINK!LINK!!LINK~!!!

    kicon.jpg
    232
    01
    02
    3214
    10031302.jpg
    t02200331_0590088910778418785.jpg
    150