▼Perfil

    R4:20

    Author:R4:20
    Disfrute una vida...
    QUÉDESE POSITIVO

    1年=12ヶ月は短すぎる‥

    <
    >
    - - - - - - -
    - - 1 2 3 45
    6 7 8 9 10 1112
    13 14 15 16 17 1819
    20 21 22 23 24 2526
    27 28 29 30 - - -

    「ファッション」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする20世紀的インチキブログ『マイナス2ちゃんねる』へようこそ!
    -2ちゃんねる
    [20120804]
    再生可能エネルギーに原子力以上の可能性

    環境省は13日、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーによる発電量の試算を発表した。買い取り価格・期間を事業者に有利なものとすることで、原子力発電を大きく上回る発電量が見込めることがわかった。

    01


    44円設定なら8,000万kW

    昨年8月に成立した再生可能エネルギー買い取り法では、太陽光、風力などの再生可能エネルギーによって発電された電気を一定の価格で一定の期間買い取るよう、各電力会社に義務づけている。

    買い取り価格・期間は発電施設の規模や発電方式によって異なる。現行法では、太陽光発電の場合、42円/kWと定められている。出力10kW以上の施設では20年間、10kW未満の施設では10年間、この条件での買い取りが保証される。

    この買い取り価格を44円、期間を15年に設定すれば、住宅を除く公共施設、発電所、向上、物流施設、未利用地などに太陽光発電設備を設置することで約8,000万kWの事業化が可能になる。

    現在、日本にある原子炉55基の発電量を合計しても4,958万kWに過ぎず、大きく上回ることが可能だ。


    風力は30円で5億kWも

    さらに大きな可能性を秘めているのが風力発電。陸上型、洋上(着床式)、洋上(浮体式)に分かれるが、30円/kW、20年の買い取り条件を設定すれば、洋上(浮体式)だけで3億kWが見込める。陸上型、洋上(着床式)と合わせれば、約5億kWの事業化が実現できるという。

    原発の発電コストは、明確に示されていないため、コスト面で比較するのは難しい。電力会社の試算では、もっとも安価だというが、これには廃棄物処理や廃炉、保険料負担、地元対策費など、莫大な「関連費用」が加算されていない。

    枝野経産相は11日に都内で行った講演の中で、「原発はコストが安いとあつかわれてきたが、割に合わない」とコメントしている。

    環境省の報告書は再生可能エネルギーに、原子力を上回る「伸びしろ」を見いだしている。「原子力か再生可能エネルギーか」という議論に際して、これまで太陽光発電や風力発電の「力不足」が弱点として取り上げられてきたが、試算上は買い取り価格・期間の設定で、十分クリアできることが示されている。

    今後はコスト面にポイントを置いて、よりつっこんだ議論がなされるべきだろう。






    環境省が発表! 原発資金を回せば電気は太陽光・風力で十分まかなえる
    スポンサーサイト

    2012-08-04(Sat) 00:00 ニュース | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 R4:20 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,まとめ
    ▼LINK!LINK!!LINK~!!!

    kicon.jpg
    232
    01
    02
    3214
    10031302.jpg
    t02200331_0590088910778418785.jpg
    150